おたふく風邪が男性不妊の原因に?

 

 

「大人になってから高熱が出る病気にかかると種なしになる」

 

 

こんな話を聞いたことのある男性もいるのでは?

 

 

私もよく耳にしましたし、これは本当に起こりうることのようです。

 

 

高熱を伴う病気のせいで、実際に男性不妊になる可能性があるということなんです。

 

 

 

精子に悪影響を与える合併症

 

高い熱が出る病気と言えばおたふく風邪がよく知られています。

 

 

かかると顔がぷく〜っと膨れてしまうおたふく風邪(流行性耳下腺炎)は
ムンプスウイルスによって起こる感染症。

 

 

耳の下(耳下腺)が腫れて痛みが出る病気で、発熱しないこともありますが、39度以上の高熱になることもあります。

 

 

このおたふく風邪の合併症として起こる精巣炎が、男性不妊症の原因となりうるものです。

 

 

精巣炎(睾丸炎)はその名の通り精巣に起こる炎症で、発症すると男性の造精機能に障害を与える可能性があります。

 

 

精巣炎は必ず起こるものではないし、発症したからといって完全な「種なし」になるとは限らないものの、精子の質や量に多少の悪影響を与えることがあるとされています。

 

 

 

男性不妊は職業病?

 

精液を作り出す造精機能は、もともと熱に弱いとして知られています。

 

 

睾丸は体の外側に配置されていますが、これはできるだけ冷やされて、より精子の生成がスムーズになるための仕組みなのですね。

 

 

「男性不妊は職業病」だとする医学者もいます。

 

 

これは高温環境では造精機能が低下するということから来ていて、たとえば製鉄所(溶鉱炉)や特定の工場内勤務、料理人、溶接工といった慢性的に高熱にさらされる職業についていると陰嚢(いんのう)の温度も上がりやすいという考えによるもののようです。

 

 

また、日常生活においても、サウナやあまりの長風呂は睾丸を温めてしまうためにおすすめできないと言えます。

 

 

男性不妊になるのは生まれ持った体質だけでなく、病気や働き先、生活習慣なども関係しているということなんですね。

 

 

元気な精子を作るサプリ

 

夫婦一緒に頑張れるサプリ